スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

運動する前のストレッチや準備運動が大事になる

骨盤の歪みは何もデスクワークをしているからなる物とは限らない。

 

実はスポーツでも骨盤の歪みは起こってくる可能性があるのだ。

 

スポーツをしていると絶対にそんなことはないと勝手に思っていたのだけれども、 そうでもないのだね。

 

スポーツの中でも左右を均等に動かすようなスポーツは 骨盤が歪むようなことはないのだという。

 

たとえば、ラニングやジョギング、水泳などだ・・・。

 

確かに左右を均等に動かしているというイメージがあるスポーツなのだ・・。

 

そうではなく野球やサッカーといった 利き腕や利き足が重要なポイントになるようなものは骨盤が歪む可能性があるらしい。

 

同じ側の腕や脚ばかりを重点的に使ってしまう可能性があるので バランスを崩してしまうらしいのだ・・。

 

歪でしまってから矯正で長岡市で評判の整体にはいつも多くの人が通ってるみたいだ、、

 

特に小さな子供は関節があまり固まっていないので やり過ぎないほうが良いらしいのだ。

 

球技全般的にこのことは言えるらしい。

 

どうしてもやるときは、 それこそしっかりとストレッチや準備運動をして バランスが取れるようにしておくことが重要なのだそうだ・・。

睡眠の質を変えてすっきり生活

不眠症も深呼吸すれば快眠できるように 夜ふとんの中で深呼吸をすると3回〜4回繰り返したあたりですとんと眠れます。

 

何度も深呼吸しても効果がない、不眠症で睡眠導入剤がなければ眠れないと言う人もいるでしょう。

 

それは交感神経が活発になりすぎてからだが休まらない状態なのです。

 

そんな人は呼吸の合間に1〜2秒息を止めてください。

 

苦しくなるほど止めないで。

 

1〜2秒止めることで脳が軽い無酸素状態になります。

 

この状態になると副交感神経がかなり優位になって落ち着き眠りを誘うのです。

 

睡眠は健康で快適な生活をする為にとても大切。

 

しかし大人の女性にいなれば多忙だったり、悩み事が多かったりで思うように睡眠時間がとれないで悩んでいる人も多いものです。

 

睡眠は長さよりも質を大切に、すとんと眠れて目覚めが爽快であれば時間が短くっても問題はありません。

運動はいくつになっても必要だ

食事を見直し、質のいい血液を作ったら、次はそれを全身にめぐらせるためにからだを動かす必要があります。

 

からだを動かすことで血液の循環がよくなり卵巣をはじめとする内臓や筋肉に酸素や栄養を充分に届けることができるのです。

 

じっとしたままでは血液の流れが悪く体のすみずみまで行き渡りにくくなります。

 

とくに更年期の女性は筋肉に酸素を送ることがとても大切。

 

酸素が行き届かないと筋肉や関節がかたくなり、どんどん動きが鈍ってきます。

 

そままにしておくとふとしたときに怪我をしたり、ぎっくり腰で動けなくなったり、簡単に骨折することにもなります。

 

そうはいっても年齢を重ねるにつれてか体を動かすのがおっくうになるものです。

 

まだ若い40〜50代のうちから運動を始めてください。

1